-SITE MENU-

LIVIZM……HANA-IKE Battle 花いけバトル vol.4

今回上野は、会場に駆けつけバトルを見守る予定です。

12月の王者決定戦の出場資格をかけて、三人の花の匠が競います。
■出演
伊藤庭花(いけばな作家)/濱中喜弘(フラワーデザイナー)永塚慎一(フラワー・アーティスト)
■司会・進行
日向雄一郎、桃江メロン
■解説
川崎景介
■協力
うつわ謙心
■器提供
富田啓之(協力:うつわ謙心)

■会場
代官山 Cafe&Bar 「山羊に、聞く」
Fee: 4000円(ウェルカム・ドリンク付き)
Open 18:30  Start 19:15
■予約方法
(80名様限定 / 要予約)
Tel:03−6809-0584 (15:00 ~ 23:00) Mail: info@yagiii.com

■今までの「花いけバトル」の公式ページ
http://ikeru.jimdo.com/
posted by UG UENO at 12:33 | EVENT 2012年04月29日

トロッタの会15

詩と音楽を歌い、奏でる
「トロッタの会 vol.15」

全9曲演奏の一曲
「 組曲「都市の肖像」第三集 (時代の逆光)op.43 より
第二曲「人生の花束」andante sostenuto 【初演】」

作曲:橘川 琢
詩:櫻木暁雪

ヴァイオリン:戸塚 ふみ代
ピアノ:森川 あづさ

花:上野雄次 

■日程
2012年5月13日(日)

■時間
17:30開場
18:00開演

■入場
前売り:3,000円
当日 : 3,500円

■会場
早稲田奉仕園スコットホール
http://www.hoshien.or.jp/

新宿区西早稲田23-1

03-3205-5411


■予約・問い合わせ
トロッタの会
http://www.kibegraphy.com

kibe.png
posted by UG UENO at 21:52 | EVENT 2012年04月27日

はないけ教室4月のお知らせ

今週末行います、
はないけ教室のお知らせです

ためしに一度やってみたいという方
大歓迎です

花と器を自由選んでいただいて
自由に生けていただく教室です。

(花は20種類以上ご用意しております
器はアンティークや現代工芸作品など会場である
jikonka TOKIO の商品を使わせて頂いてます、
花も器もご持参頂いても結構です)


〇日時
2012年4月20日(金)
2012年4月21日(土)
2012年4月22日(日)

毎月第3金曜日-翌土曜日
13:00〜,16:00〜の1日2回
今月も日曜日も開催いたします。
日曜日は13:00の1回のみとなります。

〇場所
Jikonka TOKIO
世田谷区深沢7-15-6
http://jikonka.com/

〇受講料
1回:5000円(花代込み)

〇申し込み先
jikonka- tokyo★dg8.so-net.ne.jp
03-6809-7475

ug..........ueno★docomo.ne.jp

★を@にかえてください

〇上野雄次HP
http://ugueno.com/


はないけに少し興味ある方や、
一度行ってみようかなという方も
お気軽に遊びにいらして下さい。

お友達で、ご興味ある方いらしたらご紹介ください宜しくお願い致します
posted by UG UENO at 20:39 | EVENT 2012年04月18日

上野雄次 × 闘う花会

「闘う花会」 三連日  主催:上野雄次

かつて、我々は闘っていた茶 香 歌 剣 そして花
自らを奮い立たせ知性・技術を注ぎ込み、相手への敬意を忘れず互いを高め合っていた
闘いを忘れた日本人は同時に哲学を忘れ、生きる道筋をも見失い迷走し続けている
さまざまな文化の花ひらく時、闘いは「殺し合い」ではなく「生かし合い」だったのだ
現代において花いけは再び闘いの時代に突入する
自らを取り戻すために
現代を代表する、花いけの猛者が激突する三日間
花の美しさ・花いけの面白さをご堪能下さい

花道家上野雄次が
三日間それぞれ違う対戦相手とその日のテーマとルールにあわせて交互に花をいけ
最後に観客の方に勝負を決めていただくという対戦形式のはないけのデモンストレーションイベントです
その場で生けられる花と、生け手の所作や息遣いをライブでお楽しみ下さい

※予約特典
5月8日(火)までにご予約いただいた方にはご予約人数分の入園券を送付致します
下記問い合わせ先(上野)までお届け先のご住所とお名前をお知らせください
受付開始13時15分〜 入場は先着順とさせていただきます
ご予約の方からの優先入場となりますのでご了承ください

■対戦相手
18日(金)  日向雄一郎
19日(土)  平間磨理夫
20日(日)  永塚慎一

「闘う花会」日程
■日時
2012年5月18日(金)〜20日(日) 各日 14:00〜15:30
※「日本の夏じたく」会場は 10:00〜16:30

■開場
旧燈明寺本堂

■料金
2,500円

■申込お問合せ先
ug_ueno@ye4.fiberbit.net

090-2443-7103
上野雄次 (当日のキャンセルは無効となりますのでご了承ください)

■アクセス
バス:
根岸駅1番乗り場《市バス58・99・101系統》乗車10分
本牧下車・徒歩7分
根岸駅7番乗り場《市バス8・148系統》乗車25分
本牧三渓園前下車・徒歩5分

お車でご来場の方は正門前の駐車場をご利用ください

三渓園:〒231−0824 神奈川県横浜中区本牧三之谷58−1
電話 045−621−0634

■日本の夏じたく連絡先
アトリエ・Kinami 042-395-9270

日本の夏じたくHP
http://n-natsu-s.jimdo.com/

■対戦相手プロフィール

tata_hana2.jpg日向雄一郎(ひなた ゆういちろう) 花美術家/草月流
祖父と父に学び、花をいけはじめる。 2001年「草月新人賞」受賞後、本格的に活動を開始。国際フラワーEXPO、越後妻有(えちごつまり)アートトリエンナーレなど数々の国際規模のショー、イベント、企画展に於いて作品を出品。 ANAインターコンチネンタルホテルの空間演出をはじめ、商業空間、パブリックスペースにおける展示を手掛け、独自の視点でいけばなの住処を提案。その一方で企業向けセミナー、ワークショップ、デモンストレーション、イベントプロデュースなどの活動を積極的に行い、新世代のいけばな師範としてのポジションを築き現在に至る。
2008年、株式会社 日向いけばなスタディオを設立                                           http://www.hinata-ikebanastudio.com/


tata_hana3.jpg平間磨理夫(ひらま まりお)   華道家
1977年、福島県二本松市生まれ。早稲田大学卒業。 日本文化の美の本質を追求する視線と、花、器、空間に対する深い思慮によって紡ぎだされる花の世界は、静かでありながら圧倒的な強さを持つ。 その活動は、舞台装花といった空間演出から、ギャラリーでの添え花まで幅広い。
常に、花の命を扱う「いける」という行為の意味を問い続けている。                                       http://www.hirama-mario.com/

tata_hana4.jpg永塚慎一(ながつか しんいち)   フラワーアーティスト
神奈川県横須賀市出身。横浜市中区「大和生花店」専務取締役。Nフラワーデザインスクール主宰  
20歳で大和生花店へ入社。その後、いけばなの諸流派家元などの作家展のアシスタントを経て、フラワーデザイン競技会にて10年連続優勝・入賞。大臣賞2回、県知事賞十数回をはじめ、多くの賞暦を獲得。 そこから得た経験と技術を駆使し「フラワーデザイン」と「いけばな」を融合した新フラワーデザイン理論【Nスタイル】を確立、全国展開型フラワーデザインスクール「Nフラワーデザインスクール」を立ち上げる。 「枝物」「葉物」「実物」を追及したフラワーデザインは評価が高く、2005年より業界月刊誌「フローリスト」にて連載をはじめ現在までに4本の連載をこなしつつ、特集ページも多く手がけている。 
また、ダライラマ法王来日式典装飾、APECフィリピン大統領歓迎式典装飾、ニューヨークフィルハーモニー来日公演装飾、WAFA世界大会エントランス装飾、朝青龍杯両国国技館エントランス装飾、Jリーグキックオフレセプションパーティー装飾など多彩な活動をしている。
著書に「枝物フラワーアレンジメント」「枝物フラワーアレンジ講座」「葉物フラワーアレンジ講座」がある。                  http://yamato-florist.com/

tata_hana1.jpg上野雄次(うえのゆうじ)  花道家/アーティスト
鹿児島県出身。1967年 京都府生まれ。1988年、勅使河原宏の前衛的な「いけばな」作品に出会い華道を学び始める。国内展覧会での作品発表の他、バリ島、火災跡地など野外での創作活動、イベントの美術なども手掛ける。 2005年より【はないけ】のライブ・パフォーマンスをギャラリーマキで開始。 地脈を読み取りモノと花材を選び抜き、いけることの独自な生きる世界を立ち上げ続けている。創造と破壊を繰り返すその予測不可能な展開は、各分野から熱烈な支持を得ている。詩人、写真家、音楽家、舞踊家、工芸家、ファッションデザイナー、パフォーマー等とのコラボレーションも多数行っている。     http://ugueno.com/
posted by UG UENO at 12:37 | EVENT 2012年04月03日

上野雄次 × いける仕事、おしえる仕事


流派や肩書きを超え”いけばな”に生きる人やその魅力に取りつかれた人が一堂に会して、
シンポジウム形式のトークイベントを開催します。

「いける仕事、おしえる仕事」をテーマに、いけばなの本質に迫りながら、
時代や自らの行動に照らし合わせたさまざまな可能性について語り合います。

今だからこそ語らなくてはならないこと、
考えなくてはならないことを真剣に対話し続けることから、
誰もがチャレンジできるリアリティーのある突破口を探求していきます。

今回パネリストは、内外でユニークな活動を展開し、
これからのいけばな界でもその活躍が期待される若手を中心に構成。

震災や原発事故の影響を受け、立ち上がろうとしているいけばな人も加わります。
会場の声を交えてどう進展してくか?
まったく予想はつきませんが、生活スタイルや伝統文化の担い手として、
さらにはひとりの人間としていけばなをどう捉え、
どうアクションを起こしていくかがオープンに熱く語られることでしょう。

ここでの出会いや交流、共有できる情報などを生かして新たな活動につなげていきませんか。

皆様のご参加ご来場をお待ちしています。


■日時
2012年4月6日(金) 15:30〜20:30
■場所
渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール(JR渋谷駅南口から徒歩5分)
■参加料
2,500円(当日会場にてお支払いください)
■お問い合わせ
http://www.thankflower.net/
担当:考えるあし・伊藤
メール:kaito@thankflower.net
TEL:090-2909-5624
FAX:03-3424-1985

[イケバナアクションフォーラム No.0]

開場・受付 14:45〜15:30
開始 15:30
第1セッション 15:30〜16:30
ーーーーーーーーーーーー 休憩15分
第2セッション 16:45〜17:45
ーーーーーーーーーーーー 休憩15分
第3セッション 18:00〜19:00
ーーーーーーーーーーーー 休憩15分
第4セッション 19:15〜20:15
終了 20:30

■ファシリテーター
日向 雄一郎[花美術家・草月流]

■パネリスト
上野 雄次[花道家]
石渡 正華[華道家・池坊]
大泉 麗仁[いけばな作家・Thankflower member]
粕谷 尚弘[一葉式いけ花・家元嗣]
草野 草苑[華道家]
塚本 草昌[いけばな作家・Thankflower member]
平間 磨理夫[華道家]
山田 尚俊[華道家・大和花道 会長]
横井 紅炎[華道家]
posted by UG UENO at 12:00 | EVENT

上野雄次 × 対話の可能性2


毎回異色の組み合わせ&コラボが売りの
「対話の可能性」第2弾  今回は

*国内屈指のポエトラリージャズプロジェクトF.I.B JOURNAL
×花道家 上野雄次(ライブ生け花)のコラボステージ

*BRICOLAGE(ドラびでお+向山聡考による即興duo)

*yasei collectiveのメンバー中心に構成された新バンド焼石の3マン!!

目にも耳にも刺激的な一日になること間違い無し 是非!!


■日時
2012年3月22日(木)
19:00〜22:00

■出演
F.I.B.JOURNAL×上野雄次

BRICOLAGE(ドラびでお+向山聡考duo)

焼石

■チケット
前売り ¥2,500
当日  ¥3,000

■予約

03−5474−8137(16:00〜21:00)

■場所

月見ル君想ウ (ライブスペース)

南青山4−9−1 シンプル青山ビルB1

銀座線 外苑前1a出口を渋谷方面、
青山3丁目信号を左折して西麻布方面、
最初の信号(スキーショップジローの信号)を右折、
すぐの通りを左折して右側二件目

posted by UG UENO at 14:03 | EVENT 2012年03月18日

はないけ教室3月のお知らせ

今週末行います、
はないけ教室のお知らせです

ためしに一度やってみたいという方
大歓迎です

花と器を自由選んでいただいて
自由に生けていただく教室です。

(花は20種類以上ご用意しております
器はアンティークや現代工芸作品など会場であるjikonka TOKIO の商品を使わせて頂いてます、
花も器もご持参頂いても結構です)


〇日時
2012年3月16日金曜日
2012年3月17日土曜日
2012年3月18日日曜日

毎月第3金曜日-翌土曜日
13:00〜,16:00〜の1日2回
今月も日曜日も開催いたします。
日曜日は13:00の1回のみとなります。

〇場所
Jikonka TOKIO
世田谷区深沢7-15-6
http://jikonka.com/

〇受講料
1回:5000円(花代込み)

〇申し込み先
jikonka- tokyo★dg8.so-net.ne.jp
03-6809-7475

ug..........ueno★docomo.ne.jp

★を@にかえてください

〇上野雄次HP
http://ugueno.com/


はないけに少し興味ある方や、
一度行ってみようかなという方も
お気軽に遊びにいらして下さい。

お友達で、ご興味ある方いらしたらご紹介ください宜しくお願い致します
posted by UG UENO at 23:42 | EVENT 2012年03月13日

はないけ教室2月のお知らせ

はないけ教室のお知らせです

ためしに一度やってみたいという方
大歓迎です

花と器を自由選んでいただいて
自由に生けていただく教室です。

(花は20種類以上ご用意しております
器はアンティークや現代工芸作品など会場であるjikonka TOKIO の商品を使わせて頂いてます、
花も器もご持参頂いても結構です)


〇日時
2012年2月17日(金)
2012年2月18日(土)
2012年2月19日(日)

毎月第3金曜日-翌土曜日
13:00〜,16:00〜の1日二回
今月は日曜日も開催いたします。
日曜日は13::00の回のみとなります。

〇場所
Jikonka TOKIO
世田谷区深沢7-15-6
http://jikonka.com/

〇受講料
1回:5000円(花代込み)

〇申し込み先
jikonka- tokyo@dg8.so-net.ne.jp
03-6809-7475

ug..........ueno@docomo.ne.jp

〇上野雄次HP
http://ugueno.com/


はないけに少し興味ある方や、
一度行ってみようかなという方も
お気軽に遊びにいらして下さい。

お友達で、ご興味ある方いらしたらご紹介ください宜しくお願い致します。
posted by UG UENO at 23:46 | EVENT 2012年02月04日

上野雄次 × 花会

2012 春 花会 やります

■日時
2月
3日(金)、4日(土)、5日(日) 平間磨理夫
10日(金)、11日(土)、12日(日) 上野雄次
24日(金)、25日(土)、26日(日) みごての会

11:00〜18:00

※5日(日)と12日(日)は15:00〜花いけのデモンストレーションを行います

■料金
入場無料

■場所
Jikonka TOKIO
世田谷区深沢7-15-6
http://jikonka.com/
03-6809-7475
休:水・木
posted by UG UENO at 23:45 | EVENT

上野雄次 × 5分間 PartW

「LIVIZM......花いけバトル」
ライブ主義者による、ライブ主義者の為のパーティー、「ライビズム」(LIVIZM)。

この夏、大反響を巻き起こした、花いけライブ・バトルが、さらにパワーアップしてかえってきます!秋の夜長・生けては抜く・抜いては・刺す・そして・イク!5分、5本勝負の15作品!

花、本来が持つ美しさを極限まで引き出し、グロテスクなまでの美へと昇華させる匠の技の競演。

器は、今回もギャラリー「うつわ謙心」から、気鋭の陶芸家、岡崎 慧佑の作品!


第一回 優勝者上野雄次の平間磨理夫へのリベンジ。
そして、平間磨理夫と磨理夫の師、伊藤庭花の師弟対決が実現。
(解説、日向 雄一郎の思いつき・・・)


ルール:
5回戦
第1部:3回戦(1回・5分) 一人脱落
休憩20分
第2部:2回戦(1回・5分)残った二人の決戦


出演:第2回優勝者【平間磨理夫】、挑戦者【伊藤庭花、上野雄次】
解説:日向 雄一郎
審査員:川崎景介、うつわ謙心、岡崎 慧佑 +お客様
司会進行:桃江メロン(作家、映画監督)
器:岡崎 慧佑
協力:うつわ謙心

■日時
2012年2月7日(火) 18:30開場/19:15開演

「LIVIZM」@代官山 風土cafe&bar 「山羊に、聞く?」


■予約
風土カフェ&バー「山羊に、聞く?」
tel: 03-6809-0584 / mail: info@yagiii.com

■料金
前売\4,000 当日\4,500
(80名様限定/要予約)

■会場
代官山 風土Cafe & Bar「山羊に、聞く?」
東京都渋谷区代官山町20−20 モンシェリー代官山B1F
東急東横線・代官山駅 徒歩1分
(改札出て直進、みずほ銀行の前を右折、右手)
http://yagiii.com/
tel: 03-6809-0584


===プロフィール===


  
【伊藤庭花 Teika Itoh】
小原流いけばなの教授活動をしつつ、いけばなインスタレーションの作品を発表する。
1996年から15年にわたり、エスパスOHARAにてI空間を開催。
ギャラリーを植物でインスタレーションする作品を毎年展開してきた。
ほかに、ロンドン、ニューヨーク、越後妻有アートトリエンナーレなどに出品。


【平間磨理夫 Mario Hirama】
1977年、福島県二本松市生まれ。早稲田大学卒業。
ギャラリーや美術館での添え花、いけこみ、舞台や演奏会、
映画装花など幅広く活動中。
目黒学園カルチャースクール講師ほか、目白にて教室主宰。
http://www.hirama-mario.com/


【川崎景介 Keisuke Kawasaki】
マミフラワーデザインスクール校長/花文化研究者
東京に生まれる。1989年、アメリカのグレースランド・カレッジ卒業。2008年、倉敷芸術大学大学修士課程修了。2006年より、マミフラワーデザインスクール校長を務める。花にまつわる世界各地の文化を、独自の視点で調査研究する花文化の啓蒙に尽力している。環境芸術学園日本フラワーデザイン専門学校講師。了徳寺大学芸術学部客員教授。日本民族藝術学会員。著書に『花が時をつなぐ―フローラルアートの文化誌―』(講談社)がある。
オフィシャルサイト http://www.keisukekawasaki.net/


【日向 雄一郎】
花美術家/草月流
祖父と父に学び、花いけをはじめる。
2001年「草月新人賞」受賞後、本格的に活動を開始。国際フラワーEXPO、越後妻有(えちごつまり)アートトリエンナーレなど数々の国際規模のショー、イベント、企画展に於いて作品を出品。ANAインターコンチネンタルホテルの空間演出をはじめ、商業空間、パブリックスペースにおける展示を手掛け、独自の視点でいけばなの住処提案。その一方で企画向けセミナー、ワークショップ、デモンストレーション、イベントプロデュースなどの活動を積極的に行い、新世代のいけばな師範としてのポジションを築き現在に至る。
2008年、株式会社 日向いけばなスタディオを設立。


【桃江メロン】
早稲田大学卒業後渡米。ニューヨークのコロンビア大学大学院映画学科より
修士号(M.F.A)取得。在学中にMomoe Sogabe の名前で監督・脚本した短編映画が全米各種映画際で入賞、アメリカ、フランスで上映される。2009年、処女小説「表参道Exit A4」がランダムハウス講談社新人優秀賞を受賞、出版される。2010年より対談ライブ「メロンガキク」を不定期に開催中。(今までのゲスト: 阿川佐和子、近藤等則、鈴木邦男、ロバート・ハリス、他
posted by UG UENO at 23:43 | EVENT
- SITE MENU -
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。